fc2ブログ

びっくりしたこと。

こんにちは、イオンモール京都店の手束です。
昨日TVをみていてびっくりしたことがあり、ブログを書いてみました。



【ヒスタミンによる食中毒】 ご存じですか?

多くの場合、食べた直後から1時間以内に顔面、特に口の周りや耳たぶが赤くなる
じんましん、頭痛、おう吐、下痢などの症状が・・・。

重症の場合は、呼吸困難や意識不明になることも・・・


原因となる食品は、ヒスチジンというアミノ酸が多く含まれる
赤身魚とその加工品がほとんどのようですね。

例えば、カジキ、マグロ、ブリ、サバなど・・・
海外では鶏肉、ハム、チェダーチーズが原因となった事例も・・・

アレルギーの有無にかかわらず

だれでも症状が出る可能性があるのだとか・・・。こわい・・・。
また、ヒスタミンは加熱しても分解されないので困ったものです・・・。

0℃~10℃で保存していても、ヒスタミンができてしまうことがある。
冷凍する前にすでにヒスタミンの量が増えていると、食中毒が起きる可能性が・・・。
ヒスタミンが大量にできていると、食べたときに舌が「ピリピリ」することがある




余談ですが
ヒスタミンによる食中毒は
だしパックの煮すぎ

でも起きる可能性がある
ので
お料理する際には煮だす時間に注意したいですね。



↓予防方法として↓

生の赤身魚は常温で放置しないこと
※冷蔵でも、長期間の保存でヒスタミンの量が増える可能性がある。

冷蔵の場合でも、できるだけ早く食べる。
赤身魚の干物など加工品も、低温保存をする。

冷凍した赤身魚を解凍する時は、冷蔵庫で解凍するなどして
 可能な限り低温で短時間のうちに解凍する。※凍結と解凍の繰り返しは避ける。
 





ヒスタミン中毒の他に、危険な食べ方の一例が・・・↓

☆やかんにスポーツドリンクをいれる→銅による食中毒


☆シイタケの加熱不充分→しいたけ皮膚炎
(シイタケを触ったり、食べたりしてもなんでもなかった人に、突然かゆい発疹が現れる可能性がある)

☆銀杏の大量摂取→銀杏による食中毒

☆乾物(乾燥きくらげやワカメなど)をお湯や水で戻さず食べる
→胃の中でそれらが膨張し、嘔吐や下痢などの症状が現れる可能性がある



など、身の回りには色々
危険な食べ方があるのだなぁと思いました。


~お友達追加よろしくお願いします~
友だち追加




チェスティーー

(一昨年📸✨1日でも早く遠出できる日がきますように・・・)
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード