FC2ブログ

肩こりの・・・?

こんにちは。イヤシス御坊 今野です。

 海外の人は肩こりが無いなんて話を聞いたことがありませんか?

 実際は、そんな理由もなく、外国人も肩こりがあります。ただ、肩こりを表す英語が無いとは言われています。

 ですから、日本人のように「あぁ、肩こりが辛い…」とは言わないだけです。辞書によると「stiff shoulder」などと書かれているようですが、実際の「stiff shoulder」は五十肩など肩周囲の疾患を伴っている際に用いられるようで、日本人のいう肩こりよりも重篤な状態なのだそうです。

 だから、外国人は肩が凝っていても表現のしようがないようです。

 こりってそもそも何なのでしょうか?何故コリが現れて、こりによって重さやだるさという症状を引き起こすのでしょう。

 この辺についての認識が、肩こり者を増やすことにも繋がっていると感じたので、今回は”こり”についてまとめておきたいと思います。



そもそも”こり”とは何のか?

 そもそもこりって何なのでしょうか?

 こりとは何らかの原因によって筋肉が正しく機能できない状態を言います。具体的には筋肉の「弛緩」障害と言えるかもしれません。

 筋肉には「収縮(縮む)」と「弛緩(伸びる)」という働きがあります。

 筋肉の状態や、行いたい動作に応じて脳から命令が下され筋肉の収縮が起こり、その目的が達成されたら弛緩するというのが正しい筋肉の働きです。

 我々は何百という筋肉を上手く強調させながら1つの動作を達成しているのです。

 しかし、長時間のデスクワークやスマホの使用などで、特定の筋肉に常に「収縮」の命令ばかりが下るようになります。すると、筋肉は弛緩することができなくなります。

 あるいは、精神的緊張状態が継続すると弛緩できなくなるかもしれません。

 このような事が日常的に起こると血流が悪くなり、筋肉の状態を把握し脳へ伝える受容器が誤作動をはじめます。必要のない時にも「収縮が必要」という刺激を脳へ伝え、脳は常に特定の筋肉への収縮を命令するのです。

 これが”こり”のはじまりです。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード