FC2ブログ

2年ぶり

こんにちは。エルパ店の渡邉克です。約2年ぶりに福井に帰って来ました。 
福井弁が心地いい今日この頃です。


さて、リラクゼーションサロンではお客様を癒すことが仕事です。
お客様を癒す立場の者が癒されていなかったらいい仕事はできないのは言うまでもなく、ストレスをコントロールすることは我々イヤシストにとって大事な仕事の一つです。

そのストレスが溜まる原因の一つに『怒り』があります。
今日はこの『怒り』の感情について。


そもそも『怒り』の感情はどこからくるのでしょうか? 
書籍【スラムダンク勝利学】では、「怒りは“自分が正しくて、相手が間違っている”という思考から生まれる」とあります。
確かに…思い当たる事があります。この前、会社の互…(おっと、これは言えない(汗))

それはさておき、皆さんの周りにはよく怒っている人はいますか?
怒っている人の発言を冷静に聞いていると、「自分が正しくてお前が悪い」ということを延々と言っていませんか?
自分が正しい事を必死に証明しようとしているように見えます。

自分が正しい(と思っている)ことを言えば言うほど、相手や周囲は否定されることになるので、おのずと人は離れていきます。

厄介なのは、物事や意見を“正しいか間違っているか”で判断する人は、その人の価値観を他人に押し付けてくることがよくあるということです。
当然、価値観は多様ですから受け入れられない人もいます。でも、そういう受け入れない人を“間違っている”と決め付け、否定してきます。


もし今これを読んでるあなたが、「もしかして自分の事かも…」って思っていたら多分大丈夫です。
周囲に迷惑をかけるほどの怒りっぽい人は、これを読んでも自分の事とは気づかないでしょう。
むしろ、「この考えは間違ってる!」とか言ってディスプレイの前で怒っているかも(笑)


では、怒りをコントロールするにはどうしたらいいか?

“正しいか間違っているか”という考えを二の次くらいにすればいいことになります。
書籍の中では、“自分と同じか違っているか”で判断すれば怒りはコントロールできるとあります。“間違い”ではなく“違い”として捉えるわけです。


個人的には、まず、「なるほど。」と心の中でつぶやくようにしています。「なるほど、○○さんはそういう考えなんだ」と受け入れ、その後、自分と似てるか違っているか、その意見が自分にとって使えるか否か、面白いか面白くないか、などでフィルタリングしています。


何を隠そう、自分も怒りっぽい性格ですので、学生時代、よく審判に噛みつきテクニカルファールを取られたものです


いまの考え方をするようになってからは、幾分ストレスが溜まらなくなりました。それでもまだまだですが…。

あと、人は口角を上げると嫌なことを考えられないので、たまにそうしています。傍から見たら変な人ですけど(笑)


よかったら参考にして下さい。 それでは

★お知らせ★

昼夜の寒暖差が厳しくなって参りました…

すでに電気カーペットで我が家の猫たちとくつろいでおります。
御坊店
です



先日は、バンドのメンバーと久しぶりにスタジオに行ってきました


ドヤ顔で写るローディAK(左側前)。
ローディのくせに生意気だ
スタジオ1


作業に没頭中のジミーさん。
前回に比べ、髪を切ってさっぱり
スタジオ2


作詞中のこーちゃん。
うまくいかないからって、
バルス」を唱えながら消しちゃだめです
スタジオ3


作曲&編曲中の原。
ウェインからの注文の多さに悪戦苦闘…
スタジオ4


おふざけ中のウェインとゆうま(別の場所で撮りました)。
大事なドラマーをひいちゃだめです
スタジオ5



久々の作業で、みんなはっちゃけてしまいました

気の合う仲間と集まるのは、いいものですね


最後に当店から告知

10月26日(金)イヤシス ロマンシティ御坊店イヤシスの日」 です
30分以上の施術を受けて頂いた方に、もれなく30分無料券をプレゼントしております

年に1度のたいへんお得なイベントですので、
お疲れの方もお疲れでない方も
みなさんぜひぜひイヤシス ロマンシティ御坊店に足をお運び下さいませ

(※当日は大変混雑が予想されますので、事前にご予約をいただけますとスムーズに案内をさせていただけるかと思います)

ではでは、御坊店からがお送り致しました


カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード